あっかブログ
体の流れ、そして長崎へ。

しばらくあいてしましました。

 

展示会が終わった後はオーダー品を製作する日々でした。

子供達はとても元気に毎日保育園に行っていましたが、

私の方は体が重く、製作に支障をきたすほどでした。

肩から頭にかけてずっしりと重く、目を開けるのもしんどい日が続き、

いよいよ限界、ということで以前お世話になった整体へ行ってきました。

 

じっくり80分。

肩が痛いというのに全く肩に触れない。

足を中心にほぐしていく。

ふくらはぎの内側にビリビリと痛いしこりのようなものがあった。

足も冷えているし、多分ここで流れがとまっているとのこと。

何の?

じっくりとほぐしていき、最後の最後、5分となったところで肩をちょちょいとさわっただけ。

ところがあれだけ重く痛かった肩と頭がすーーーーっと軽くなっていた。

どうやら肩が痛いからといって肩をもんではいけないらしい。

 

はぁーーーー!すっきり。

 

そしてそして!

オーダー品もまだ終わっておりませんが、

この週末に子供2人と私で長崎の友人宅へ遊びに行ってきましたー。

 

子供2人連れて、はたして飛行機に乗れるのか?毎日毎日、どきどきシュミレーションしていましたが、

なんなくクリア。いや、なんなくではないけれど。

もう最後は泣き叫んだっていいや、仕方ない!時間が過ぎれば長崎に着くさ!と開き直って搭乗。

お菓子攻撃、おもちゃ攻撃で神戸乗継にも関わらず、案外大丈夫だった。

 

長崎の友人宅はとても広い古い日本家屋に上手に暮らしている。

上手というのは、古いままで残しているのだけど、最小限に直す所は直している、という感じ。

なんたって、広さが魅力的。

なかなか東京では実現できない広さ。

猫がいて、初めての猫と接触した息子はびっくりして、出会う度にひゃーひゃー泣いていた。

 

友人の小学生の息子くんと娘が家中走り回ったりして遊んだり。

農業をしている旦那さんの畑を見に行って遊んでもらったり、

とれたてのザボンやデコポンを食べたり。

 

長崎の街は、混んでもいないし、でも閑散としていなくて、程よく人がいた。

きっと梅雨の晴れ間でナイスタイミングだったのもあったかもしれない。

 

広い大通りから一本入ると細くて細かい坂道が入り組んでいるのがとても魅力的。

東京では運転しなかった友人が、車幅ぎりぎりの道をすいすいと進んで行く。

 

大通りにはチンチン電車が走っているし、すぐに港で大小の船が行き交うので、

ジブリ映画のコクリコ坂を思い出す。

あれは横浜だけれど、面影は長崎の方は残っているような気さえする。

 

とにかく、とても散歩しやすかった。

子連れでもゆっくりゆっくり歩いていける。

どこを見る、とかではない旅だったけれど、

なんだかとても満たされる旅だった。

 

また行きたいな。

 

 


2017.06.15 Thursday| イベントのこと | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |akka |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.akkaakka.com/trackback/1009741
トラックバック
<< 『花をまとう』展終了しました! | main | 2ピース >>