あっかブログ
山茶花の宿

さざんかの宿 って山茶花って言うと宿まで言いたくなるよね。

わたしだけ? 古い?

 

秋の新柄「山茶花さざんか」です。

 

マスタードイエローに墨濃淡で描きました。

渋く、カッコよくしようとイメージしてデザインしたのですが、

地の辛子色がこっくりといい秋の風味をかもしだしてくれました。

 

 

akka「山茶花」

 

今朝はインフルエンザの予防接種を受けてから保育園に行く予定だったのだけど、

昨日の晩に注射する告知をされた娘、5歳半。

もうすぐ6歳。もうすぐ小学生。

 

ずーーーーっといやだよぅ、嫌だようと言い続けながら就寝した。

 

そして今朝、小児科があくまでいつもよりゆっくりして出発。

当然、車内でも、駐車場でも、病院の受付の時もずーっといやだぁいやだぁと緊張していた。

その間、1歳半の弟が本を持ってきては読め読めとせがむので、途中相手をしてやりながら

30秒後には、はぁあぁあああ!とため息が。。。

 

いよいよ、診察になり、お腹と口の中をみせて、いざ!

その時には娘の緊張がマックスに。

 

泣き声が叫び声に、いや奇声に変わり、きぃええええええ!!

 

先生もびっくり。一見小柄でおとなしそうに見える娘が奇声を発し、大暴れするものだから

「おおお!こういうタイプね!お母さん、がっしりと抱えててね!動いたら余計いたいよ!」

と看護師さんと大人3人がかりで、ぶすり。

 

はあああああ、朝からしんど。

なんやこれ。

これでインフルになったらほんとどうすんの、これ。

 

もう次の息子の泣き声なんてかわいいもんである。

 

よくがんばったね!って言わなきゃいけないのはわかるけど、

さすがに、簡単には言えなかったわ。

 

保育園に送り出したところでやっと言えたわ。

 

いやー、でもね。私もそりゃあすごかったのだ。

前は学校でなんらかの注射をする機会が何度かあったのだが、

もう1週間前から思い出しては、怯え、この位だよなと爪でつねってみたり。

前日、当日打つまではそりゃあ頭の中いっぱいに注射。。。ちゅうしゃ。。。ちゅうしゃ!と埋め尽くされたのを思い出す。

 

慣れたのは大人になってから。

だからやっぱり褒めてあげないとね。

うーん、でも奇声を発しながら暴れている動物にぶすりと打てる先生の方がすごいわ。

 

 

 


2017.10.12 Thursday| ふであと | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |akka |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.akkaakka.com/trackback/1009749
トラックバック
<< ぽっかり空いてしまった! | main |